ディベート会話術

ディベートとは論理的思考に基づいて表現する技術であり、

問題の発見⇒分析⇒解決策の提示⇒比較検証、と言う様な

一連の知的プロセスをゲーム形式で訓練するものです。
そして その調査の方法を学ぶ事で、議論相手に勝利すると言う会話術です。


<実践訓練>

議論テーマの是非について、ディベーター(話し手)が肯定者・否定者に分かれ、

制限時間内にジャッジ(第三者)を説得する形で議論します。

 

また、ディベートは正式なルールに則り勝敗を決しなければなりません。

勝敗の基準は、ジャッジを自分側に限りなく【説得】出来たかで決まります。
その際、相手やジャッジを

【論破】【圧倒】【翻弄】する事は論外とされています。

 

しかし最近の議論を見ると、論破・圧倒・翻弄の手段をとる

ディベーターが目立つように思われます。

このディベート会話術は

誰もが使えるのかと言うと、そうでもありません。

 

向いている人と向いていない人があります、
では、どんな人に向いているのでしょうか?

<ディベートはこんな人に向いている!>

●アイデア人間であるが説得力がない人。

●実力はあるが話し方で損をしている人。

●自分で描いた通りに話を進められない人。

●常に信頼され、周りがついてくる人になりたいと思っている人。

●論理的に考えて話せる人間になりたいと思っている人。

●ビジネスで通用する究極の会話術を習得したい人。

●聴く人を惹きつける会話術を学びたい人。
もし貴方がこの様に思われているのなら、

ぜひ【ディベート会話術】を身に付けて下さい。
ディベート会話術を本格的にマスターしたいと言う方は、

【日本ディベート協会】のサイトにアクセスしてみては如何でしょう?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

イメージ画像

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

24時間取引が可能