心理学を駆使した会話術

ここでは心理学を駆使した会話術について

述べていきたいと思います。

 

 

特に会話術が一番大事だとされているのはビジネス間だと思います。

 

特に大きな企業ではよく商談が行われていますが、

その商談をするときには会話術がうまいほうが

ビジネスに成功するといえるでしょう。

 

 

心理学を駆使した会話術というのは、

別に大学で心理学を勉強していないと知ることの出来ない

といったものでもありません。

 

 

商談相手の性格を見極めることから始めましょう。

 

商談が只今、一番大事なポイントの会話の場面になった時に、

あと残るは契約するのみという場合に、少しでも間違ったわるい会話術を

披露してしまうと契約を逃してしまう危険性があります。

 

なかなか契約をとるのが難しいという人に必要なのは

クロージングテクニックというものでしょう。

 

 

契約をしっかり交わすことをクロージングといいます。

 

 

クロージングで適応する会話術さえ身につけていれば、

契約の成功率はグッとあがるはずです。

 

 

契約を交わすときにはこちら任せで相手を押しても、

ただ売りたいだけの悪徳業者になりかねませんので、

注意が必要です。

 

 

最初から「①と②のどちらにしましょう?」というように、

商品に対してどう思いますか?と聞くのではなく、

初めからどちらかという選択肢をあたえることが重要です。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

イメージ画像

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

24時間取引が可能