相手の目を見て会話することの意味

英語圏のネイティブスピーカーと話したことがある人であれば、

「会話する時は相手の目を見て話すように!」とか

「日本人はシャイだから話す時に相手の目を見ない」と

言われたことがあるはずです。

 

しかし、日本でも「目は心の鏡」ということわざがあるように

音より人の目を見ることが重要視されてきました。

 

 

ここでは“相手の目を見て会話することの意味”について

お話ししたいと思います。

 

 

まず、相手が話している時に目を見るということは、

話し手の話を聞いていますよという敬意を表すことになります。

 

 

言いかえれば、話し手から目をそらすという行為は

話を聞いていないことと同じで、相手にとても失礼になります。

 

 

逆に、自分が話し手の場合も相手の目を見て会話をすることは、

目を通じて相手に自分の言いたいことや気持ちが伝わりやすくなり、

相手が自分に対して信頼を高めてくれることに繋がります。

 

 

従って、人は耳と口だけで会話をし、その会話の内容を理解したり、

理解させることは非常に難しいことだと言えます。

 

 

相手の目を見ることで相手の気持ちも読みとることが、

会話の中で大切になってきますので、会話をする時は

お互いに目を見て信頼のある態度で接したいものですね!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

イメージ画像

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

24時間取引が可能