スピーカーの会話術

結婚式でのあいさつ、PTAや町内会でのあいさつや自己紹介、

会社の送別会でのあいさつや謝辞など、私たちの身の回りには

改まった場面においてスピーチをする機会がたくさんあります。

 

 

急にあいさつを頼まれて困ってしまった

という経験があるという人も多いはずです。

 

以下では、手短に“スピーカーの会話術”における

ポイントをご紹介します。

 

まず、人前に出るのが苦手だとか、緊張してしまうという人は

事前に言いたいことを紙に書いて練習をしましょう。

 

話す内容は長ければいいというわけではありません。

 

自分が最も言いたいことを端的にまとめておくといいですね。

 

誰もが聞いて不快にならないよう、専門的な言葉、

難しい四字熟語やいまどきのだらしがない言葉を

使わないように気をつけましょう。

 

 

さて、実際に話す時には口ごもらないように

なるべく大きな声で話すよう心がけましょう。

 

 

紙を見ながらなど目線を下にしてスピーチをすると

自信がなさそうで、聞いている人も面白くありません。

 

 

背筋を伸ばして聞いている人の心を引き付けるように離してみましょう。

 

 

そして、何よりも練習あるのみです。

 

 

以上のポイントを押さえていれば、あなたも上手なスピーチができるようになるでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

イメージ画像

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

24時間取引が可能