営業マンの会話術

営業マンの会話術は、営業テクニックとして非常に重要です。

 

応酬話法や想定集を頭に叩き込んでいても、

それを相手に伝える方法は、口から出る言葉だからです。

 

 

言葉の使い方、テンポ、間合いの取り方で、

商品知識、応酬話法が生かされるかが決まります。

 

基本的に、売れない営業マンの多くが早口でしゃべります。

 

早口でしゃべると、相手に自信が無いように映り、

セールストークがお客の頭の中に入っていきません。

 

 

少しゆっくりのペースで話をしたほうが、

落ち着いて自信が有る雰囲気を醸しだすことができ、

セールストークが相手の頭の中に入りやすくなります。

 

 

営業マンのセールストークを発揮する場面は、

一種のエンターテイメントなので、ちょっとした手の動きで、

相手に確実にメッセージを伝えることができます。

 

 

また、お客と何かを話すときは、

契約の決断をお願いするとき以外は、

少し目線を下に下げて話すことです。

 

 

目線をぴったり合わせてしゃべられると、

かえって話しに集中できないからです。

 

 

営業マンの会話術には、特に技術が必要なのではなく、

基本は話をするテンポ、身ぶりと手の動き、目線の3つで、

そこに商品知識や駆け引きのテクニックを乗せていけばいいのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

イメージ画像

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

24時間取引が可能