普通に話すことでうまく話せるようになる

おそらく誰でも人生に一回は学校の中で他の生徒の前にたって、

スピーチをした経験があると思いますが、そのときになぜか腑に落ちなかった、

うまくできた自信がないという人は多々いるでしょう。

 

それは自分の会話術に自信がないのです。

 

そのため、一人でアプアプと

自信のなさに埋もれてしまい、焦ってしまいます。

 

 

そして、逆効果に余計に変にリアクションしてしまったり、

話がドンドンずれていくといったことがあります。

 

 

まず人前で話すときには、

普通にはなすことでうまく話せるようになるのです。

 

 

自分の頭の中で何を話そうか、それををこのように話そうか、

などとたくさん考えているようでは、スピーチの最中に

頭の中がこんがらがってしまい、うまく話せません。

 

 

もちろんスピーチする内容に関しては

事前に準備が必要になってきますが、その準備した後は、

特に変に考えることは必要ないのです。

 

 

考えるのではなく、感じることが大切です。

 

 

聞き手が一体なにを求めているのかを表情、聞く態度などから

素早く読み取り、そして柔軟に対応して話し方を変えたりすることが

非常に重要になってきます。

 

 

そして、これは決して今から練習して、身につくというものではなく、

実際に人と話をして、スピーチをしている実践の中でキャッチしていくものなのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

イメージ画像

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

24時間取引が可能