接客での会話術

接客での会話術について考えてみましょう。

接客での会話術ですが、
普段の会話と違うところはやはり相手を敬っての
会話をするところです。

もちろん普段の会話でも相手が上司であれば、
敬った表現をするのはもちろんですが、たいがい友達、
家族と話すときにはさほど言葉を気にして話すことはありません。

そこで接客での会話術は、もちろんレストランやカフェですと、
オーダーをとることからお客様と接することが始まります。

そして、なんらかの間に
「あ、今日は一週間前と違って、大変天気が良いですね。
こういう日にはミルクシェイクが飲みたくなりますね。」と
普通の話題のように聞こえますが、

その後につけるミルクシェイクは実は
そのお店のメニューにあったりするのです。

このようにお客様の心を掴み、
それを更に営業、売り上げにつなげるといったことが大切です。

アパレル業であれば、どのお客様と
どのような洋服がすきなのかというタイプによったりもしますが、
売り上げを考るためにはお客様が着たいと思っている洋服を試着したとします、

それを自分が見て、いくら似合ってなかったとしても、
にこやかな顔で「お似合いですよ~。

ちなみにこの洋服にはこのブランド独自のデザインの
アクセサリと合わせると更に華やかに、おしゃれになりますよ。」などと、
お客様の気持ちを上げていくことが大切になります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

イメージ画像

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

24時間取引が可能